TAKE OFFの仕組み

このTAKEOFFというプロダクションは実は、僕が一人で運営しています

次に、事務所はありません。だから事務所の維持に関わる経費はゼロです。

次に僕はこのプロダクションに依存していません。つまりこのプロダクション業の売り上げがゼロでも(寂しいけど)困ることはありません。

だから、すべてを話した上で、やっぱりやめておこうと思われても、それは当然と思っています。とにかくウソをつかなくてもよいプロダクションにしたかったし、また、こうするしかなかったとも思います。

なぜなら、僕のような個人がゼロからAVプロダクションを始めるなら、何かアピールできることがないと誰も相手にしてくれません。だから一切隠し事はしないことにして、さらに出演料の90%を支払うことにして、それを最大のアピールにしました。

だから、ある意味ですごくラクです。この方法なら片手間でもできるんです。詳しくはまた近いうちに書こうと思っています。

だから出演料の90%を給料としてお支払いできます。それがこのTAKEOFFに所属する最大のメリットだとおもいます。

しかし一方で、面接のときの交通費などは一切出していません。ほかのプロダクションだったら遠方に面接に行ったり、面接に来てもらった時の交通費を出したりしますけど僕は一切出していません。

このような方法でなければ、おそらく出演料の90%を支払うことはできないでしょう。

第一回のブログで書いたんですけど、こうしたことをアピールすることでTAKEOFFを信用してもらって、ここに応募してもらえるのではないかと思ったんですね。

それが今のところはうまくいっている気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です